サエルの化粧水に美白効果はあるの?

サエルの化粧水に美白効果はあるの?

2014年に敏感肌専門ブランドディセンシアより発売されて以来、多くの敏感肌女性の悩みを解決してきた人気の薬用美白シリーズのサエルシリーズ。

 

その中でも、特に人気の高い商品がサエルホワイトニングローションクリアリストです。

 

当サイトは、ディセンシアの人気化粧水であるホワイトングローションクリアリストにまつわるあらゆる疑問をまとめました。

サエルホワイトニングローションクリアリストの基本情報をおさらい

こちらでは、サエルの商品名は知っているもののどのような特徴や効果を持つ商品かイマイチ把握ができていない方のために基本情報をおさらいします。

開発元のディセンシアはどんなメーカー?

ディセンシアは、大手化粧品メーカーであるポーラ・オルビスグループの中の人気ブランドの1つで、敏感肌の女性に特化したエイジングケア化粧品や美白化粧品、保湿化粧品を開発・販売をしています。

 

人間の肌を科学的に分析する研究機関「POLA研究所」と共同で商品の研究開発を行っているため、科学に裏付けされた高い実感力でシェアを拡大し続けています。

 

刺激に弱い敏感肌の弱点をカバーする特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」やオリジナル美白成分「エスクレシド」を開発するなど、他社商品やブランドにはないユニークな特徴が詰まった、まさにオリジナルブランドがサエルを開発・販売しています。

 

敏感肌がゆえに、刺激の強い美白化粧品を使うことを諦めてしまっていた方も多いと思います。

 

そんな悲しい思いや辛い思いを経験してきた方にこそ、サエルシリーズは真価を発揮します。

サエルホワイトニングクリアリストの特徴と効果は?

他社の美白化粧品にはなく、サエルホワイトニングクリアリストを使用することでしか得ることのできない特徴と効果を紹介します。

 

特徴1:白様雪
特徴2:アミノコンプレックス
特徴3:ウォーターモイスチャー

 

特徴1:白様雪とその効果

敏感肌は、人間の肌に本来備わっているはずの天然のバリア機能がうまく機能しないことによっておこります。

 

バリア機能が働かず炎症を起こした肌では、美白成分の効果を100%活かすことができずに著しく効果が下がってしまうことが分かっています。

 

天然のバリア機能を回復するためには、最強の保湿成分であるセラミドが必要で、特に肌の防護壁の役割をするラメラ構造を作りだすアシルセラミドを補うことが大切です。

 

サエルには、セラミドを外から与えることはもちろん、アシルセラミドの産生能力そのものを高める白様雪が贅沢に配合されています。

 

セラミド産生を強化することで、刺激に強い健やかな肌を作りあげ、美白成分の効果を高めることができるようになります。

 

また、セラミドが増えることで潤い感も増し、透明感のある潤い肌を作ることができます。

特徴2:アミノコンプレックスとその効果

セラミドと並び肌の潤いを作る役割をする天然保湿因子「NMF」に対してもサエルは有効なアプローチをすることができます。

 

NMFの40%はアミノ酸で構成されており、その中でも以下のアミノ酸が重要な役割を果たしています。

 

・アルギニン
・セリン
・グリシン
・アラニン
・リシンHCI

 

サエルの特徴であるアミノコンプレックスは、上記の5つの必須アミノ酸を凝縮し、角質層を構成する角質細胞に届け保湿力を高めることができます。

 

白様雪とアミノコンプレックスの2つの強力な保湿成分によって、サエルの目的である美白効果の効きを高めることができます。

特徴3:ウォータリーモイスチャーとその効果

サエルの化粧水に含まれる有効成分をより早く、深く届けるために浸透性の極めて高いウォータリーモイスチャーが使われています。

 

サエルの化粧水の口コミの多くに、パシャッと弾けるような使用感が気持ちいいとの口コミがありますが、この弾けるみずみずしさを作り出しているのがウォータリーモイスチャーです。

 

肌につけた瞬間にパシャッとはじめ、すぐさま肌の中へと染み渡る実感を得ることができますので、浸透性の高い美白化粧水を求めている方にはまさにピッタリの化粧水になります。

 

ここまででご説明をした特徴は、あくまでもサエルシリーズの化粧水であるサエルホワイトニングローションクリアリストに含まれた特徴のみを紹介しています。

 

化粧水に続き、美容液、クリーム、デイミルクとラインで使用することで、さらなる特徴と効果を肌に重ね相乗効果を得ることのできる商品設計となっています。

 

格安のトライアルセットを活用しながら、化粧水単体の使用感、ライン全体での使用感を合わせてお試しください。

サエル・アヤナス・つつむの効果の違いは?

サエルと同じくディセンシアより発売のアヤナスとつつむにも、それぞれ化粧水が発売されています。

 

・サエル→サエルホワイトニングローションクリアリスト
・アヤナス→アヤナスローションコンセントレート
・つつむ→つつむローションセラムE

敏感肌専門ブランドが開発しているとのことで、どちらの商品も敏感肌・超敏感肌の女性でも安心して使用できる商品になっています。

 

この中でサエルのもっとも大きな特徴は、美白有効成分を配合しているため化粧品ではなく、厚生労働省が効果を認める医薬部外品である点。

 

化粧水だけに絞ればビタミンc誘導体が、サエルシリーズ全体を通せばアルブチンやエスクレシドなど、復数の美白成分が贅沢に配合されています。

 

アヤナスの目的は保湿+エイジングケア、つつむは保湿をメインの目的とした商品になります。

 

使用感は、サエルが1番さっぱりとした使い心地ですが、あくまでも敏感肌専用シリーズですので、保湿力は極めて高いと言えます。

 

ですので、肌の乾燥が気になるので重点的に保湿をしたい場合はサエルを、乾燥に加えてシワやたるみなどのエイジングサインのケアをしたい場合はアヤナスを、肌の乾燥に加えて、シミやくすみをケアし、肌に透明感を与えたい場合はサエルを、このように使い分けることがおすすめです。

サエルの化粧水に弱みやデメリットはあるの?

人間の肌質や肌悩みは千差万別ですし、1つの化粧品に求める要素も人によって異なりますので、すべての人にサエルをおすすめすることはできません。

 

サエルのデメリットや弱点として、以下のような条件ではサエルをおすすめすることができません。

 

・脂性肌の方
・価格の安さを優先する方
・1本で美白を完結したい方
・シミを完全に消したい方

サエルの最大のこだわりは、どんな敏感肌でも安心して美白ケアを行うことができること。

 

そのこだわりを実現するために、通常の美白化粧水よりも保湿力を高めています。そのため、脂性肌の方にとってサエルは過剰な潤いを与えてしまうリスクがあります。

 

また、ディセンシアの化粧品は独自技術やこだわりの塊のような化粧品ですので、通常の美白化粧水よりも値段が高いため、価格を重視したコスメ選びをする方には不向きです。

 

サエルは、化粧水から始まり、美容液、クリームと美白効果を重ねがけをしていくことで真価を発揮するタイプの美白コスメです。

 

もちろん、1本ではまるで意味がないわけではありませんので、実際にトライアルセットで使用感や効果を試してからじっくりと本商品の購入を考えることをおすすめします。

 

サエルに含まれる美白成分は、肌のくすみやシミの元に作用することで、肌の明るさや透明感を引き上げる効果はありますが、シミを完全に漂白することはできません。(シミを薄くし、目立ちを抑えることはできます)

 

完全にシミを消し去りたい場合は、化粧品で対処するのではなく、皮膚科で専門的な治療を受けることがもっとも確実です。

【ディセンシア サエル】ここがおすすめ!

・刺激を受けない敏感肌用美白

使いたいけど怖くて使えない、という敏感肌の美白ケアへの悩みを嘘のように解消してくれるのがディセンシア サエルです。
ピリピリした痛みも赤みもなく、すっと馴染んで肌に吸い込まれます。

 

・炎症を抑えることが対メラニンの決め手

敏感肌のダメージが過剰なメラニン生成の引き金になっているわけですから、外を確実にブロックして、中で反応を消去するという強力な二段構えがメラニンを作らせない体制を整えます。

 

・黒くさせない白への高速巻き戻し

肌の土台が整ったところでオリジナル成分エスクレシドで肌をキレイに。
そしてビタミンC誘導体を中心に作られたハイスピード・メラノリターン処方で肌を黒くさせない巻き戻しを行います。

やっぱり【ディセンシア サエル】が選ばれる理由

サエルで決まり!

肌に気持ちが良く結果も良い化粧品なら選ばれて当然ですが、ディセンシア サエルはただそれだけではない唯一無二の存在として選ばれているという重みがあります。
敏感肌には美白は無理と言われたほど、どんなに丁寧にケアしても効果を一切受け付けない頑固な敏感肌には諦める人も多かったのではないでしょうか。
角層の配列がまばらになって刺激を強く受けやすくなってしまった肌には、薬品のような強い美白成分は強烈な攻撃にしかなりません。
保湿に特化すると肌は落ち着きますが、美容成分は中へ入っていくことは出来ませんので、美白は後回しに。
それを両立させた上に、肌への刺激も一切与えないというスキンケアアイテムは、考えられないほど高い技術の塊と言えます。
発売前からずっと待望されていた製品ですが、すぐに各方面から絶賛されたのも頷けますね。
敏感肌ではない人でも、ストレスやゆらぎで肌の状態が左右されやすい人なら、選んで間違いはないアイテムでしょう。

ディセンシア サエル公式HPへ

 

サエルの店舗についてはこちら